CATEGORY 倉庫

知っておくべき、工場や倉庫の消防対策!保険編

工場の保険,倉庫の保険,消防対策の保険

「知っておくべき、消防対策!設備編」はご覧になられたでしょうか?今回は設備編に続いて保険編です。もしものときの備えとなる保険について考えていきたいと思います。 工場や倉庫では発火しやすい、引火しやすい、爆発の危険があるな…

知っておくべき、工場や倉庫の消防対策!設備編

知っておくべき、工場や倉庫の消防対策!設備編1

火災はいつ、どんな場所で起こるかわかりません。工場や倉庫においても例外ではありません。 2017年2月、埼玉県入間市の事務用品通販大手「アスクル」の倉庫で発生した大規模な火災が発生したこと記憶している人は多いのではないで…

建設現場における3つのドローン活用法

ドローンによる空撮の映像をご覧になったことはありますか? 本来なら見ることが不可能な空から見た映像は、あまりの美しさに誰もが感動すら覚えます。 そもそも、飛ばして楽しむだけというイメージもあり、趣味の範囲で楽しんでいるよ…

重たい雪が建物に与える3つの被害について

新年を迎え、1月中旬になると「センター試験」があります。毎年のように雪に見舞われ会場に着くまで大変な思いをしている受験生が多くいます。 この頃は、暦では「大寒」といい一年の中で一番寒い時期となります。冷え込めば雪も降り積…

再確認!5つの建設現場の事故防止対策について

年末に近づくと忙しくなるのは仕事です。 休み前に終わらせたい仕事があったり、年内の納期を迫られる仕事もあったり、気持ちも焦ってしまいますね。 そんな時に注意したいのが、ミスや事故です。 いつも通りに業務をしているようでも…

寒い倉庫でできる3つの防寒対策について

ここ数年は暖冬といわれますが、それでも冬は寒いですよね。 2018年2月には、大雪により車が立ち往生したをニュースを見ました。 今冬は、そんな被害がないことを願いたいものです。 さて、寒くなることで仕事が辛くなる人たちが…

改ざんから学ぶ免震構造に必要な2つの装置

日本は、地震大国です。 こちらのブログでも地震に関する情報について、様々な視点から書いています。 6月には、震度6弱を記録した「大阪府北部地震」が発生しました。 そして、9月には地震観測で最も揺れが激しいとされる震度7を…

鉄骨が現場に届くまでの3つの作業について

東京オリンピックへ向けて、メイン会場となる「新国立競技場」をはじめ関連施設など、民間の宿泊施設やビルと、首都圏では建築ラッシュが続いています。 さらには、相次ぐ災害により大規模な建物ばかりでなく、住宅やアパートやマンショ…

鉄骨造を支える3つの構造用鋼について

いま、日本の各地で地震や大雨による災害が続いています。 住宅だけでなく、工場やビルなどが倒壊したり傾いたりしています。 私たちもニュースなどで、これまでの日常が失われ、環境も激変した様子を目の当たりにしています。 こうし…

火災から建設現場を守る3つの防火対策

2018年7月26日、東京都多摩市の建設現場にて火災が発生しました。 激しい炎というより、すでに黒煙に包まれた映像をニュースでご覧になった方も多いのではないでしょうか。 建設現場には多くの危険があり、常に「安全第一」を徹…

大規模災害後の建物を調査する2つの理由

相次ぐ災害でいま、日本中で被災された方がいます。 大阪での地震、岡山県・広島県・愛媛県では大雨による水害です。道や線路に土砂が流れ込み、まだ十分な支援が受けられない地域もあります。 日本は大規模な地震を経験して、それに伴…