CATEGORY 店舗系

鉄骨について知ろう!

そもそも鉄骨ってどういうもの? また、木材に比べ強度が高く、鉄筋コンクリートに比べて軽いのも特徴です。そのため、他の建築材料には出来ない、大空間構造を作り出すことが可能になります。 しかし、摂氏540℃以上では脆くなる性…

増築でも注意!知っておくべき建築基準法とは?

よく見落としがちになる、増築時関係する建築基準法。 用途地域、道路について、面積の算定基準、容積率と建ぺい率、高さの算定基準、高さの制限などに分けて、知っておくべき建築基準法を解説していきます。 新築・増築の定義 建築基…

建物の地震対策まとめ〜何をすればいいの?編〜

建物の地震対策について記載しました。 新築の場合から既に建てられている建物まで、地震対策をまとめていました。 鉄骨造の耐震度は? まず、現行の建築基準法では、どの構造の建物であったとしても震度6強から震度7程度の地震に耐…

鉄骨建設の鉄の錆び補修対策と手順について

今回は鉄の素材を使うと心配になってくる「錆」について、補修の仕方と対策手順をお伝えしています。 突然ですが、錆ってそもそもどうして出来るのかご存知でしょうか? 錆とは、金属の表面が、酸素や水分と化学反応(酸化)をして腐食…

仕口を知るための10のポイント

仕口は、梁と柱が交じり合う部分のことです。 ただ、仕口という呼称は、人によって具体的にどの部分を指すのかは違っており、特に鉄骨加工工場では、仕口という言葉自体を使う人があまりいません。 それでは、どういう呼び方を使うかと…

柱脚の3つの形式とその利点について

柱脚とは、読んで字の如く柱の足下のことです。その施工形式には、三つの型があることをご存知でしょうか。 その三つの型とは、「露出型」「埋込み型」「根巻き型」です。 それぞれの特性を知ることで、どういった建物に、どの形式を使…

人も建物もまずは足元から。柱脚を知ろう!

禅の言葉に脚下照顧という言葉がありますが、精神的にも肉体的にも、足もとがしっかりしていなければ、人は真っ直ぐに立ち続けることができません。それは、建物も同じです。 建物の足下、それは「柱脚」と呼ばれる部分にあたります。 …