工場を建設するときに近隣対策は必須。トラブルを防ぐためにするべきことはを解説

工場を建設するときに近隣対策は必須。トラブルを防ぐためにするべきことはを解説

工場の建設は工場の所有者と建設会社だけに関わるものではありません。工場の周辺に住む地域住民の方にもまた関わってきます。普通に生活している中で近くで建設により工事の大きな音がしたり、振動があったりするとどうしても気になってしまいます。

しかし、工場を建設する上で騒音や振動はどうしても発生します。つまり、近隣に住む方とのトラブルは避けられません。そこで工場を建設する際は近隣対策が欠かせません。地域の方にご理解いただくことでトラブルの発生を抑えることができます。反対に近隣対策を何もしていなければ周りからクレームが発生し、作業がストップすることもあり得ます。

そこで今回は工場を建設するときによくある近隣とのトラブル、トラブルへの対策、また、近隣対策をする上で知っておきたいポイントをまとめました。

工場を建設する方や近隣住民に理解を求めたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

騒音、安全対策・・・
工場を建設するときのよくあるトラブル5つ

近隣対策をするときにはまず工場を建設するときにどのようなトラブルが起こるかを知っておくことが大切です。そこでまずは工場建設時によくあるトラブルを5つご紹介します。

騒音

騒音は工場を建設する上で一番起こりやすいトラブルです。
工事中には大きな音が出ることは避けられませんが、騒音規制法で工事中の音は85デシベル以下にするように指定されており、この基準を超えると訴訟を起こされることもあり得ます。

夜遅くや早朝以外の時間でも騒音があるとイライラしたり、何かと気になってしまうものです。騒音の近隣対策は絶対に欠かせないと言えるでしょう。

安全対策

近隣の住民の方は安全対策も気にしています。
建設現場では安全管理が徹底されているので、作業員はあまり気にしないかもしれません。

しかし、地域住民の方は具体的にどんな対策をしているのか分からないので高いところから物が落ちてこないかなど不安になることもあります。

振動

近くで工事があると周辺に住む方は振動にも悩まされます。
ガタガタと窓が音を鳴らしたり、床が揺れたりと生活で色々な影響が出てきます。振動が怖くて不安に思う方もいるでしょう。

振動規制法では建設作業を行なっているときは振動は75デシベルを超えないことを義務付けていますが、それ以下でも家が揺れると近隣の方は気になりますから対策が必要です。

塵や埃

塵や埃は想像以上に飛び散り、何も対策をしていないと周りの人に被害を与えます。
せっかく干した洗濯物が汚れたり、ときには家自体を汚してしまうことも。

また、道路を汚すとそこを通る人の服や持ち物を汚してしまうこともあります。また、塵や埃は細かいので吸い込むことによる健康被害も心配です。

交通障害

工事の規模にも寄りますが、交通障害を起こすこともあります。
工事期間中に一部の道路が通行できないようになったり、工事用の車両や重機が出入りするときに後ろの車に待ってもらったりしなければいけないことがあります。

通行にいつもより時間がかかってしまうのはストレスになってしまいます。そこで車やバイクで付近を通行する人に向けての配慮が欠かせません。

挨拶や説明会を事前に行う。工場を建設するときのよくあるトラブルを防ぐ対策6つ

工事中のトラブルに何も対策をしなければクレームの声が上がり、作業を進められないという事態を引き起こす可能性があります。
そのため、工場を建設するときには必ず近隣対策が必要です。そこでよくあるトラブルを防ぐための対策をご紹介しましょう。

近隣住民に挨拶をする

近隣対策の基本といえば地域住民への挨拶です。
挨拶に行くと文句を言われそうで怖いと思う方もいるかもしれませんが、実際に住民の方と顔を合わせて工事について説明することで理解を得やすくなりますし、相手もまた安心します。

一軒一軒回るのは手間にはなりますが、スムーズに作業を進めるためには重要なことです。作業が始まる前に全て済ませておきましょう。

近隣住民向けに説明会を開く

近隣住民の方に理解を求めるために説明会を開くという方法もあります。一度に地域住民の方へ説明が出来るので一軒一軒回る場合に比べて手間がかかりません。

説明会では工事の流れやトラブルへの対策の説明に加え、質疑応答の時間も取りましょう。住民の方も直接工事に関わる人に質問し、答えてもらうことで納得しやすくなります。

説明会を開くときには前もって建設現場にお知らせを貼ったり、ポストに説明会の案内を入れたりしておきましょう。

日頃からの近所づきあい

挨拶や説明会以外でも近隣住民の方とのお付き合いは大切です。
日頃からすれ違ったら挨拶をしたり、世間話をしたりと関わりを持っていると騒音や振動があったときに気にしながらも理解し、受け入れてもらえるようになります。

そこで挨拶や説明会をしたから対策は十分だろうと驕らずに、日頃からの近所づきあいを意識して行いましょう。

防音パネルの利用

騒音や振動を抑えるために防音パネルやシートを利用しましょう。
建設時は解体するときに比べると音は小さめですが、それでも防音パネルやシートを使った対策は必須です。

様々な種類、大きさの防音パネルが販売されていますから、作業現場に合ったものを選びましょう。

作業時間帯の調整

作業時間帯を調整することも近隣対策になります。騒音規制法では作業禁止時間帯や最大作業時間などが定められています。

もちろんこの条件をクリアしていれば大丈夫なのですが、それでも朝の早い時間に作業を始めたり、一家団欒の時間に作業をすればクレームの元になるでしょう。

そこで法律を守り、且つ地域住民の理解が得られるような時間に作業をしましょう。

個別のクレーム対応

事前に挨拶や説明会を行なったり、防音パネルなどで対策をしたりしても作業中にクレームが来ることはあります。

そのときは「事前に説明したのだから」と放っておかずに今後も円滑に作業を進めるためにも個別のクレームにもきちんと対応しましょう。

一度説明していることでも改めて伝えて、対策をしていることを根気強く説明すれば分かってもらえるはずです。

住民の気持ちを考えながら対策を。工場建設時の近隣対策をするときのポイント6つ

工場を建設するにあたって近隣対策をするとき、押さえておいた方が良いポイントがいくつかあります。
これを知っておけばより近隣対策に役立つはずです。
そこで最後に工場建設時に近隣対策をするときのポイントを6つまとめました。

周りに一切迷惑をかけないことはない

まず、工場を建設する前提として周りに一切迷惑をかけないことはないことを押さえておきましょう。
どれだけ努力をしても、防音パネルを設置しても騒音は出てしまいますし、不快に思う周辺住民の方はいるものです。

そこでトラブルが一切起こらないようにすることにこだわるのではなく、出来る対策をしつつ、個別にクレームが出たら対応するという柔軟性を持ちましょう。

住民の気持ちを考えながら対策をする

近隣対策をする上で大切なのが地域住民の気持ちを考えることです。
近隣対策をするときはどうしても「文句を言われないように」と考えてしまいますが、対策はそもそも近隣住民の方のためにするものです。

近くに住む人の立場になって考えれば良い対策が自ずと出来るはずです。どんな対策をすれば良いのか迷ったときは住民の気持ちになってみましょう。

近隣対策に力を入れている建設会社を選ぶ

近隣対策はもちろん工場を所有する会社も意識するべきですが、実際に近隣の方と関わるのは現場で作業をする建設会社の人です。

つまり、地域住民の方と円滑な関係を築くためには近隣対策に力を入れている建設会社を選ぶことが重要になります。

見積もりの際に近隣対策としてどのようなことをしているかも聞き、きちんと対策をしている会社を選びましょう。

近隣対策費を予算に入れておく

住民から騒音や振動などのクレームが出たとき、要望に応じて追加で工事をしたりパネルを購入することになるかもしれません。

そこでこうした事態を見越して近隣対策費を予算に入れておきましょう。あらかじめ予算を設定していれば突然の予定変更にも慌てずに柔軟に対応することができます。

近隣対策費については建設会社と事前に話し合っておきましょう。

金銭による解決は目指さない

地域住民とのトラブルが起こったときは相手が納得するまで話を聞いたり、要望に応えられるように追加で工事をしたりと色々な解決策があります。

かつては金銭を渡すことでご理解いただくようにお願いすることもありましたが、一度金銭で解決するとまた別のトラブルが発生したときにまたお金を要求されて収拾がつかなくなる可能性があります。

そこで長期的な視点からお金によってトラブルを解決することは避けましょう。

不当な要求には毅然とした態度で断る

近隣対策をするとき、こちらが誠実に対応すれば納得して受け入れてもらえることがほとんどです。

しかし、中にはそれでもしつこくクレームを言って不当な要求をしてくる人もいます。近隣住民の要求は全て受け入れればいいというものではなく、不当な要求には毅然とした態度で断ることも大切です。

あまりにも要求が過剰だと感じたら堂々と受け入れられないことを伝えましょう。また、注意人物がいる場合は建設会社に伝えておきましょう。

まとめ

工場を建設するときはどれだけ気をつけても騒音や振動が発生し、地域の方に迷惑をかけてしまいます。だからこそ近隣対策は建設時には欠かせません。

事前に住民の方に挨拶をしたり、防音パネルの設置をしたりと出来ることは全てしておきましょう。

また現場で地域住民の方と接するのは建設会社の作業員なので、こうした近隣対策に力を入れている建設会社を選ぶようにしましょう。

建設のお問合わせやご質問募集

当社では4000件以上の建設実績があります。設計・デザイン・施工・管理まで90年以上に及ぶノウハウがあります。
建設に関するお悩みや気になることやご相談はこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

多くの方に良い情報を届けさせていただきますので、ぜひ、鉄骨建設ナビを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です