CATEGORY 地震対策

3つの施工不良から考える建物の安全性

今年に入って最初に伝えられた建築のニュースは、レオパレス21のアパート施工不良による「転居要請」のニュースです。 ある日突然、「建物に不備あるから転居してください」と通知されたら・・・。すぐには状況が把握できず不安になる…

老朽による建て替えが難しい3つの理由

建物の老朽化を理由に店舗を移転させたり、閉店したというニュースがあります。 日本では、老朽化した建物についてのニュースが、ここ数年で多くなってきました。 ビルや家屋だけでなく、古き良き建物が取り壊されてしまうのはなんだか…

地盤調査の重要性と地盤改良のすすめ

建物をどんなに丈夫に造っても、それを支える地面が軟弱ではまさに「砂上の楼閣」-建物は沈下してしまいます。地盤の強さにばらつきがある場合、建物は不揃いに沈下します。これを不同沈下といい、建物にゆがみなどを生じさせ構造的に問…

改ざんから学ぶ免震構造に必要な2つの装置

日本は、地震大国です。 こちらのブログでも地震に関する情報について、様々な視点から書いています。 6月には、震度6弱を記録した「大阪府北部地震」が発生しました。 そして、9月には地震観測で最も揺れが激しいとされる震度7を…

大規模災害後の建物を調査する2つの理由

相次ぐ災害でいま、日本中で被災された方がいます。 大阪での地震、岡山県・広島県・愛媛県では大雨による水害です。道や線路に土砂が流れ込み、まだ十分な支援が受けられない地域もあります。 日本は大規模な地震を経験して、それに伴…

見えない部分がすごい!鉄骨の骨組みができるまで

どんな建物でも骨組みが必要です。枠がしっかりしてこそ、強度や耐震などに優れた建物を建設することができます。 一般的には建設中の建物を間近で見ることはありませんので、骨組みがどうなっているのかわかりづらいところです。  建…

工場や会社の耐震について考えてみた

2011年3月11日は、東北大震災が発生した日です。 今年で7年となりますが、いまなお仮設住宅に住んでいる方も多くいらっしゃいます。 津波や原発事故から、私たちは何を学んでこれからの人生にどう活かすのか?家族や仲間と向き…