工場見学をするメリット・デメリットと企業の印象を良くする方法5つ

工場見学をするメリット・デメリットと企業の印象を良くする方法5つ

工場見学は企業の紹介、生産ラインの見学、仕事の体験などを行うもので、工場について様々なことを知る機会になります。

休日や夏休みなどに工場見学に足を運ぶ人は多く、参加した人にとって良い思い出になります。

実は工場見学は企業側にとっても意義があります。例えば認知度が上がったり、長期的に見て売上に繋がったりと嬉しい効果があるのです。

工場見学によるデメリットもいくつかあるのですが、それを踏まえてもメリットは大きいと言えます。

工場見学をするならただ会社を知ってもらうだけでなく、少しでも良い印象を持ってもらいたいですよね。

事前に準備をしたり、イベントの中で仕掛けを作ったりと少しの工夫をするだけで来た人に企業のアピールができるので、工場見学をするならこうしたアピール方法を知っておくべきです。

そこで今回は工場見学をするメリット・デメリットや参加した人の印象を良くする方法について徹底解説していきます。

工場見学を開こうと考えている方や工場をもっと世間にアピールしたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

企業のファンが増える。工場見学を行うメリット7つ

工場見学は来た人だけでなく、企業にとっても意義があり、様々なメリットをもたらします。そこでまず初めに工場見学のメリットをまとめました。

企業の認知度が上がる

企業の認知度は広告を出したり、自社サイトを作って発信したりと様々な施策を打つことでコツコツ積み上がっていくものです。

一方で工場見学は一度来ただけで名前を覚えてもらえるという企業にとって嬉しいメリットがあります。

企業のファンが増える

製品を生産している工場の中を普通の人はなかなか見る機会がありません。それだけに工場見学に行った企業に対する印象は強く、さらに案内する人の対応が良かったりすると企業に対して好印象を抱き、ファンになります。

ファンになれば商品を購入してもらえるようになるため、長期的に見ると売上につながるというメリットがあります。

こだわりが伝わる

工場見学は他社の製品と自社の製品のどこが違うのかをアピールする機会になります。

一般の人は普段買い物をするときに同じような商品の違いがよく分からず、安い方を選んだり、何となくで買うことも多いですが、「うちではこの材料にこだわっているんです」、「パッケージにこんなこだわりがあるんですよ」と参加者が知らないようなこだわりをアピールすると他社との差別化になり、商品を購入する動機になります。

安全性が伝わる

特に食品工場にとって工場見学は安全性をアピールする機会になります。

食べ物は体に直接入れるものだからこそ安全かどうかは重視されます。

過去には冷凍食品に有害な物質が含まれていたり、原料が偽装されていたりといったトラブルがあったからこそ、消費者の安全性への意識は高まっていると言えます。

工場見学では実際に生産しているところを見せるため、清潔な場所で衛生面に配慮しながら生産されているという事実を伝えられるので、安心して商品を購入してもらえるようになります。

社員のモチベーションが上がる

工場見学は現場で働いている社員にも影響を与えます。周りに見学者がいれば身が引き締まり、作業に身が入るでしょう。また、仕事の様子を見た人が「すごいね」などと口にするのを聞くことでモチベーションが上がります。

さらには家族が見学に来れば普段の働いている様子を見せることができ、仕事を誇らしく思うことにも繋がります。

地域交流になる

工場は地域社会の中にあるからこそ、近隣住民との関わりは欠かせません。

近くに工場があるとどんな人が働いているのか、騒音がしたりしないかといったあらゆることが気になるものですが、工場見学を開催し、地域に対してオープンな姿勢を見せていれば、自社のことを理解してもらえて、円滑な関係を築くことができます。

ものづくりに興味を持つ人が増える

工場での仕事は夏場が暑い、休みが少ないといったマイナスのイメージがあり、就職を希望する人が少なく、人手不足に悩まされる工場は少なくありません。

工場見学は実際に働く人の様子や製品を製造する機械を間近で見るため、ものづくりへの関心が高まり、将来工場で働いてみたいという人が生まれるきっかけになります。

工場見学をコツコツ続けることで将来の採用に繋がることもあり得ます。

情報流出の危険がある。工場見学を行うデメリット4つ

認知が広がったり、企業や商品に対する信頼性が高まったりと様々なメリットがある工場見学ですが、その一方でいくつかデメリットもあります。工場見学を有意義なものにするためにもメリットだけでなくデメリットについても知っておきましょう。

人手が必要

工場見学の開催のためには全体を案内する人や、各生産ラインで説明をする人などあらゆる人が必要です。そのため、工場見学の際には人手が一時的に減ってしまい、生産効率が下がるというデメリットがあります。

費用がかかる

工場見学に来た人にはパンフレットを渡したり、お土産を渡したりするのが一般的です。そのため、工場見学の開催にあたっていくらか費用がかかってしまうのはデメリットです。

参加費をとることももちろんできますが、工場見学は無料で開催している企業が多く、その方が人を集めることができます。

情報流出の危険がある

来た人に工場のことを知って、商品に対して安心感をもらうために工場の隅々まで見せることは良いことですが、情報流出には気をつけなくてはいけません。

材料の配合方法やその他の企業秘密が知られてしまうと経営に影響が出る可能性があります。特に今は誰でも発信できる時代なので、情報が広まるのは非常に早いです。

そこで工場見学をする前にどこまで公開してどこは見せないのかという線引きを事前にしておきましょう。

衛生面に配慮しなくてはいけない

食品工場では工場見学の際に衛生管理を徹底しなくてはいけません。社員は衛生面の意識が高いですが、外部から来た人はそうではありません。

そのため、生産ラインの見学をするときはキャップや白衣を着用してもらったり、事前に注意事項を伝えたりとしっかり衛生面に配慮する必要があります。

清潔感をアピールする。工場見学で参加者からの印象を良くする方法5つ

工場見学の参加者にはただ見学をしてもらうだけでなく、今後のためにも良い印象を持って帰ってもらいたいですよね。そこで工場見学で参加者にアピールする方法をまとめました。

工場内を清潔にする

工場で生産されているものはやがて消費者の元に届くものです。それだけに清潔な工場で作られているかどうかは非常に大切です。いくら見学する機会を与えても、建物内が汚ければ逆に悪い印象を与えてしまいます。

そこで清潔感をアピールできるよう、通路や作業スペースの掃除を徹底して、綺麗で見ていて気持ちが良い状態にしておきましょう。

デザイン性のある外観にする

工場見学で最初に目にするのは工場の外観です。建物内だけではなく、外観もまた来た人の印象を左右するポイントです。

かつては工場の外観といえばシンプルな見た目でデザインにこだわることは少なかったですが、最近はお店や家のようなおしゃれな外観にする工場が増えています。こうしたデザインなら工場見学に来た人は工場に対して良い第一印象を持つでしょう。

今すぐ新しいデザインにするのは難しいと思いますが、壁を塗り替えるときや新しく工場を建てる際にはぜひ外観にこだわってみてはいかがでしょうか。

社員の対応を良くする

工場の印象は見た目だけでなく現場で働いている人の様子も影響を与えます。

全体の案内係が参加者に対して明るく丁寧に接するのはもちろんのこと、現場の社員も参加者が来たら挨拶をしたり、優しく作業内容を教えたりすることで良い工場だというアピールができますよ。

試飲・試食を提供する

工場見学のイベントの1つとしてよくあるのが試飲と試食です。見学に訪れる人にとって最も楽しみにしていることではないでしょうか。

食品を製造する工場ならぜひ試飲と試食の機会を設けましょう。実際に工場で作っているものを食べるのは参加者にとって嬉しいのはもちろん、美味しいと感じてもらえれば購入にも繋がります。

お土産をプレゼントする

工場見学の最後にお土産を渡すのもアピール方法の1つです。会社の商品、社名が載ったクリアファイルやメモ帳などプレゼントの内容は様々です。

お土産は参加者にとっては工場見学の思い出になり、企業にとってはお土産を目にするたびに思い出してもらえるというメリットがあります。

まとめ

工場見学は認知を高めたり、企業のファンが増えたりと参加者だけではなく企業にとってもメリットがあるものです。

宣伝になり、売上にも繋がる非常に有意義なものなので、企業の今後のためにもぜひ工場見学の開催を検討しましょう。

ただし、内装が汚かったり、社員の愛想が良くなかったりすると悪い印象を与えて逆効果になってしまうので、来た人に良い印象を持ってもらうように工夫することを忘れないようにしましょう。

建設のお問合わせやご質問募集

当社では4000件以上の建設実績があります。設計・デザイン・施工・管理まで90年以上に及ぶノウハウがあります。
建設に関するお悩みや気になることやご相談はこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

多くの方に良い情報を届けさせていただきますので、ぜひ、鉄骨建設ナビを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です