工場がVRを活用してできることや導入するメリット・デメリットを解説

工場がVRを活用してできることや導入するメリット・デメリットを解説

この記事では次の内容をまとめています。

・工場がVRを使ってできること

・工場がVRを導入するメリット

・工場がVRを導入するデメリット

工場がVRを導入するときに知っておきたい全てのことをまとめました。

工場がVRを使ってできること5つ

この章では工場がVRを活用できる場面をご紹介しています。

1 オンライン工場見学
2 取引先との商談
3 新人研修
4 遠隔操作の補助
5 遠隔操作の補助

オンライン工場見学

工場見学をオンラインで行う際にVRが役立ちます。

工場見学といえば実際に工場に来てもらって行うのが一般的でしたが、現在はコロナ禍によってオンラインで行う企業が増えました。

オンライン工場見学はVRを使うことで、まるで実際に工場の中に居るような気分になれます。

専用機器がなくてもスマートフォンやパソコンだけで映像を見ることができるので、誰でも体験できます。

さらに、今までの工場見学とは違って、

  • 見たいところをゆっくり見られる
  • 工場から遠いところに住む人にも体験してもらえる
  • 映像にテロップを入れられる

このようなメリットがあります。

オンライン工場見学を取り入れようと考えている方は、ぜひVRの使用も検討してみましょう。

需要が増えているオンライン工場見学を徹底解説!開催方法もご紹介

 

取引先との商談

VRは取引先からの信頼を得るのにも使えます。

実際に製品を製造している現場の様子や作業の様子をVRコンテンツで見せることで、言葉で説明するよりも多くの情報を伝えることができます。

また、「この環境なら大丈夫」と安心していただくきっかけにもなります。

コロナによって現地で視察するのが難しくなった今、VRでのバーチャル視察がとても役に立ちます。

新人研修

新人に新しいスキルを身につけてもらう際に活用できます。

例えば、製造作業や組み立て作業をVR映像で見せることで、マニュアルを渡すだけの場合に比べてより理解が深まります。

また、ベテランの作業の動きをVRで再現すれば、効率の良い作業の方法を学べます。これは新人に限らず、ある程度現場で働いている人にとっても参考になるはずです。

VRは人材教育の場面でも使えるツールです。

遠隔操作の補助

VRは遠隔操作にも活用できます。

例えば、VRゴーグルからの映像を流すことで、遠隔地から機械の点検作業を指示したり、製造の指示を出したりすることができます。

また、遠隔ロボットと連携すれば、離れた場所に居てもVRの映像を見ながら製造を行うこともできるでしょう。

ただし、送られるVR映像は時間の遅延が少しある点に注意しなくてはいけません。

工場・倉庫が遠隔操作を導入するときに知っておきたいこと

試作品の検証

工場では試作品やモックアップを作る機会が何度もありますよね。

VRを使うと試作品を作るプロセスを最小限の回数で終わらせることができます。

なぜなら、3Dデータと連携することで、より実際の製品に近い状態で再現でき、問題点や改善点に明確に気づくことができるためです。

試作品の作成にかかる時間を減らせれば製造を効率化できます。

工場がVRを導入するメリット7つ

この章では工場がVRを導入するメリットをご紹介します。

1 工場見学にかかるコストを減らせる
2 作業ミスや事故を減らせる
3 技術を継承できる
4 取引先と信頼関係を築ける
5 社員が安心して作業に取り組める
6 交通費がかからない
7 外国人労働者でも分かりやすい

工場見学にかかるコストを減らせる

これまで工場見学にかけていたコストを大幅に減らすことができます。

人件費の面では、参加者を案内するスタッフや受付が必要ないので、コストを削減できます。

オンライン工場見学では事前に用意した映像を見てもらうだけだからです。

また、時間コストが浮くというメリットもあります。

作業ミスや事故を減らせる

研修にVRを導入すると作業ミスや事故を減らすことができます。

バーチャル映像を使えば実際に近い映像で作業方法を学べて、最初から正しいやり方を覚えられるからです。

また、体験型VRで訓練すればより技術が身につくでしょう。

作業ミスが減れば作業効率が上がりますし、損失が減ることで利益も上がります。

また、事故の発生が減れば従業員を守ることができます。

技術を継承できる

VRでベテラン社員の作業の様子を録画すれば、技術を継承することができます。

工場では後継者問題が深刻です。特に小さな町工場では貴重な熟練者の技術を次の世代に繋ぐことが大きな課題になっています。

VRで映像を残しておけば、それを見てやり方を学ぶことでよりスムーズに、さらに多くの人材に技術を引き継ぐことができます。

技術継承にもVRを生かしましょう。

取引先と信頼関係を築ける

取引先は「自社の製品がきちんとした環境で作られているか?」といったことを気にかけています。

そこで、現場の映像やスタッフが働いている様子をVRで見せれば、実際に近い状態で見られるので、安心して取引してもらえます。

取引先と良い関係を長く保つためにもぜひVRを活用しましょう。

社員が安心して作業に取り組める

新しい職場で働くとき、「問題なく業務に取り組めるか?」、「仕事は優しく教えてもらえるか?」といったことを気にする人は多いです。

VRを使って仕事を体験したり、訓練したりできる仕組みがあればスムーズに新しい仕事を覚えられるので、新人でも安心して仕事に取り組むことができます。

交通費がかからない

研修を行う際に社員を全国から1箇所に集める企業は多いと思います。

その際、交通費や宿泊費が必要なので、研修のたびに多額の費用がかかります。

もし、研修にVR映像を導入すればこうしたコストも浮かすことができます。

VR映像はどこからでも見られるので、遠方に居る社員にまるで同じ空間に居るように指導することが可能です。

全国各地に社員が居る企業にとってはとてもメリットがあります。

外国人労働者でも分かりやすい

製造業では外国人の従業員がいる企業もあるでしょう。

VRは日本語があまり堪能でない従業員に指導するのにも役立ちます。

座学やマニュアルとは違い、「見て覚える」ことができるので、外国人労働者でもスムーズに仕事内容を覚えられます。

既に外国人を雇っている、もしくはこれから外国人労働者を迎えることを検討しているなら、VRの導入を考えてみてはいかがでしょうか。

工場がVRを導入するデメリット6つ

この章では工場がVRを導入するデメリットをご紹介します。

1 費用がかかる
2 実際に見る映像ほどの臨場感が出ない
3 コンテンツの制作に時間がかかる
4 コミュニケーションが不足する
5 写したくない部分が見えることも

費用がかかる

VRのデメリットの1つはバーチャル映像を作るのに費用がかかることです。

例えば、オンライン工場見学を行うために工場のVR映像を作るとき、数分の映像で数十万円かかることもあります。

当然、撮影する範囲が広ければ広いほど価格は高くなります。

ただし、一度作ってしまえば何度も使いまわせるという利点はあります。

実際に見る映像ほどの臨場感が出ない

VR映像は普通の画像に比べると臨場感が出ますが、やはり実際に見る映像ほど臨場感や没入感は出せません。

例えば、工場で働く人の雰囲気や、仕事をしているときの緊張感は伝わりにくいです。

コンテンツの制作に時間がかかる

VRコンテンツには制作に時間がかかるというデメリットがあります。

まず、VR映像を撮るには普通のカメラではなく、専用の機器を用意しなくてはいけません。

また、撮影した後は分かりやすいコンテンツにするためにテロップや音声を入れなければいけません。

このように、完成までに時間がかかるため、余裕を持って撮影を始めるのがおすすめです。

コミュニケーションが不足する

オンラインで工場見学や研修を行うとき、リアルで会う場合に比べてどうしてもお互いのコミュニケーションが不足してしまいます。

見学や研修を充実した時間にするためには意識してコミュニケーションをとりましょう。例えば、質問コーナーを設ければ参加者とやりとりすることができます。

写したくない部分が見えることも

VR映像は写真と違って周りの景色を全て写します。

そのため、場合によっては見られたくない場所が写ってしまうことがあります。

例えば、商談に使う映像で整理整頓が行き届いていないエリアが映ると、良くない印象を与えてしまうでしょう。

また、オンライン工場見学では機密情報に関わるところは見せないようにしなくてはいけません。

そこで、VR映像を作る際には何を見せて何を見せないのかということをはっきりさせた上で撮影をし、さらにコンテンツが出来たら見せたくないものが写っていないかよく確認しましょう。

まとめ

工場がVRを使う際、メリットもデメリットもありますが、使い方次第では企業の課題を解決することができます。

VRは新しい技術で、使いこなすには難しい部分もありますが、ぜひ上手く取り入れて活用しましょう。

1 オンライン工場見学
2 取引先との商談
3 新人研修
4 遠隔操作の補助
5 遠隔操作の補助

建設のお問合わせやご質問募集

当社では4000件以上の建設実績があります。設計・デザイン・施工・管理まで90年以上に及ぶノウハウがあります。
建設に関するお悩みや気になることやご相談はこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

多くの方に良い情報を届けさせていただきますので、ぜひ、鉄骨建設ナビを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です