工場の生産性を向上させるためにできること6つ|生産効率が悪い原因とは?

工場の生産性を向上させるためにできること6つ|生産効率が悪い原因とは?

工場にとって重要なことと言えば生産性です。

工場は製品を作る場所だからこそ、効率良く生産することがとても大切です。

経営者の方は日々生産性を上げることを意識していると思います。

しかし、生産効率を上げることが大事だと分かっていながら実際に行動できていないという人は少なくありません。

もしくは対策はしているつもりでも効果が思うように出ていないというパターンもあるでしょう。

工場の生産性を上げるにはまずは効率が悪い原因を理解し、状況に合わせて対策をすることが求められます。

もし生産効率が上がれば同じ条件でも生産できる製品の量が増えますから、工場の売上が上がり、経営も楽になるなど色々なメリットが得られます。

経営者なら生産性のために有効な対策をするべきです。

そこで今回は工場の生産性を向上させるためにできることについてまとめました。

生産効率が悪くて困っている、もっと工場の売上をあげたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

会社の成長に繋がるための工場の生産性を向上させる5つのメリット

生産性を見直し、策を講じて結果を出すことは簡単なことではありませんが、生産効率が上がれば大きなメリットが得られるため、多少大変なことでも力を入れて取り組むべきです。

そこでまず初めに生産性を向上させるメリットをまとめました。

工場や会社の売上アップに繋がる

生産性が上がると得られるシンプルなメリットは売上がアップすることです。

工場を経営していくためには人件費や光熱費といった毎月の支出を収入が常に上回らなければいけません。

もしこれができなければやがて倒産に追い込まれてしまいます。

既に黒字の場合でも効率が上がれば余裕を持って経営できるようになり、精神的にも安心できますよ。

工場・会社の成長に繋がる

収入が支出を上回ったとき、もしものときのために余った資金を貯めておくこともできますが、投資に回すこともできます。

投資とは例えば工場をリニューアルして綺麗にしたり、最新の機器を買ったりと将来の資本を増やすためにお金を投じることです。

投資をしておけば一時的にお金が手元から消えても時間が経ってからリターンがあるので会社を長く成長させながら続けることができます。

社員のやる気が出る

生産性は社員のやる気に影響を与えます。

もし、現場の作業効率が悪ければ1つの工程を終わらせるのに時間がかかり、疲れてしまいます。

また、「もっと効率的に作業する方法があるのに」と会社に対して不満を持ちながら作業をすることもあるでしょう。

効率が良くなればこうした問題が解消され、多くの社員が仕事に対して前向きになるというメリットがあります。

コスト削減にな理、利益が増えていく

今までの生産効率が改善されれば同じ作業をする場合でも短時間で作業が済みます。

すると人件費や機械を動かすための光熱費が抑えられるようになり、コスト削減になります。

工場の経営を円滑にするためには収入を増やすことも大事ですが、支出を減らすことも同じくらい重要ですから、生産性を上げることでコスト削減できればさらに経営状況が良くなるでしょう。

品質が一定になる

生産効率を上げるために対策をして社員全員が同じ取り組みをすれば出来上がる製品の品質が一定になります。

各社員が独自の方法で作業をすれば品質がバラバラになりますが、それを防ぐことができるのです。

品質の安定性があれば工場の評判も高くなるでしょう。

工場の生産性が低い原因4つ
なぜ作業がミスが出るのか?

工場の生産性を上げるために効果的な対策をするためにはまずは作業効率が悪い原因を突き止めなくてはいけません。そこで次に生産性が低くなるよくある原因をまとめました。

人材不足

人材不足は生産性が下がる大きな要因となります。

本来必要とされる人数が集まっていなければいつまで経っても製造ペースを上げることはできません。

また、少ない人数で回さなくてはいけないので1人1人の負担が大きく、不満を抱えてモチベーションが下がるというデメリットもあります。

さらに、人材不足の場合、新人を多く入れることになると思いますが、新人が入るたびに研修に時間が割かれてしまうので作業効率は下がってしまいます。

マニュアルがない

皆さんの工場にはマニュアルはありますか?

マニュアルは生産性を高めるきっかけになるものです。

もしもマニュアルがなければ社員がそれぞれの方法で作業をすることになります。

すると効率が良い方法でする人も居れば悪い方法でする人もいて、全体の効率はいつまで経っても良くなりません。

マニュアルがあれば効率が悪い人のやり方が直るので全体の作業効率が上がります。

作業ミスがある

作業ミスも生産性を下げる原因になります。

作業ミスが起これば製品がきちんと出来上がらず、ロスが発生してしまいますよね。

また、そのミスを他の社員がカバーすれば一時的に人手が減って作業が進まなくなります。

作業ミスが多いのであればミスが減るように全体の仕組みを見直すべきです。

社員の意識が低い

工場の経営者は当然生産性に対して高い意識を持っているでしょう。

しかし社員は経営者の立場ではないのでそこまで意識していないことが多いです。

社員は現場に居るからこそ生産性を上げる方法が分かるはずなのに、生産効率に対して特に意識していなければその方法も思いつかないでしょう。

そこで生産性を上げたいなら社員の意識を高くすることが欠かせません。

工場の生産性を向上させるためにすべき準備3つ

生産性を上げるための対策の効果を上げるためには事前に必要な準備をしておくことが大切です。

そこで工場の生産性を向上させるためにすべき準備をご紹介していきましょう。

目的をはっきりさせる

対策をするときは生産性を上げる目的をはっきりさせましょう。

大まかな目的は生産性を上げることですが、会社の売上を上げる、人件費を減らす、社員の残業を減らす・・・

など細かい目的を明確にすることによって、対策もその目的にフォーカスした具体的でより効果の高いものを用意することができます。

そこで具体的な対策をする前にどうして生産性アップに取り組むのかを考え直してみましょう。

非効率な部分を明確にする

生産効率を上げるなら非効率な部分を明確にすることが欠かせません。

あれこれ見直すのではなく、今、生産性を下げる要因となっているものに対してアプローチすることで効率的に対策ができます。

工程のどこが非効率なのかを一番知っているのは現場の社員です。

そこで社員と一緒に現場で話しながらどの工程を改善すれば生産性が上がりそうか話し合いましょう。

具体的な目標を設定する

対策の効果を出すためには具体的な目標を設定するのがポイントです。

必要な対策を実行すればもちろん変化は現れるでしょう。

しかし、単に実行に移すよりも目標を設定した方が全員がそれを念頭に置いて仕事をするようになるので、変化も大きく現れるようになります。

そこで具体的な数値目標を設定し、社員に周知しましょう。

レイアウトを見直す。工場の生産性を向上させるためにすべきこと6つ

準備ができたらいよいよ実際に行動に移すときです。

最後に生産効率を上げるためにすべきことをご紹介していきましょう。

作業中の動作を改善する

工場での作業中には色々な動作をします。

そこで動作に無駄がないか確認しましょう。

同じ動作でも人によって細かい部分が違い、無駄のない動きをしている人もいます。

こうした人の動きを分析し、他の社員にもするように促せば生産効率を上げることができます。

また、作業中に何もしていない時間がある場合はその時間が発生する原因を突き止め、少しでも無駄がなくなるように調整しましょう。

工程を改善する

動作だけでなく工程全体も見直して必要に応じて改善しましょう。

もし1つの工程で時間がかかってしまったらその先の工程が進まず、無駄な時間が発生してしまいます。

いつも時間がかかる工程があればその原因を見直し、スムーズに作業が進むように改善しましょう。

1つの工程を直すだけで全体の作業が捗るようになり、生産性もアップしますよ。

レイアウトを改善する

さらに大きい規模での改善としてレイアウトを見直すという方法もあります。

普段働いていると気付きにくいかもしれませんが、機械やラインの配置を変えると大きく生産効率が上がることもあります。

そこで現場で働く社員に意見を聞きながらより良い配置がないか検討して、もし良い配置が思いついたら少し大変ですが変更して様子を見てみましょう。

便利なツールを導入する

生産効率を上げるためにはツールを導入するという方法もあります。

現場で使う新しい機械を導入したり、パソコンを使う作業ではより速くタスクが片づけられるようなツールを利用したりすれば仕事の効率は良くなります。

そこで一度仕事で使えそうなツールに関する情報を集め、役に立ちそうなものを見つけたら導入してみましょう。

マニュアルを作成する

改善が一通り終わったらマニュアルを作成しましょう。

マニュアルを作り、それが実行されれば全員が効率の良い働き方をするようになるので生産性は一気に上がります。

また、最初に触れたように全員が同じ作業をすることで製品の品質も担保されるようになります。

マニュアルは普通の本のように文字で説明することもできますが、機械を使う工場だからこそ写真や動画を使った分かりやすいマニュアルにすれば覚えようという気になりますし、新人でも早く理解し現場で活かすことができるでしょう。

目標の達成率を明示する

生産性を上げるための対策をし始めたら、1週間ごと、1ヶ月ごとなど期間を決めて設定した目標がどのくらい達成できているかを計測し、その結果を社員に周知しましょう。

目標は立てるだけではダメで、達成できているかを確認してこそ意味があります。

結果を朝礼で伝えたり、掲示板に貼ったりして生産性に対する社員の意識をもっと高めましょう。

まとめ

製品を作る工場では生産効率は非常に重要な問題です。

生産性が高くなれば売り上げがアップしたり、コスト削減になったりと色々なメリットを得られます。

対策をするのは大変ですが、このようにメリットがあるのでぜひ今回ご紹介した対策を参考にして、生産性を上げてくださいね。

建設のお問合わせやご質問募集

当社では4000件以上の建設実績があります。設計・デザイン・施工・管理まで90年以上に及ぶノウハウがあります。
建設に関するお悩みや気になることやご相談はこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

多くの方に良い情報を届けさせていただきますので、ぜひ、鉄骨建設ナビを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です