建築面積の定義とは?4つのポイントと解説

建築面積とは、何???

簡単に言いますと、上空から建物を見たときの屋根の面積になります。

これは、分かりやすくイメージするための表現であって、正確には屋根面積ではなく、

「壁・柱で囲われた部分の水平投影面積」が建築面積になります。

建築面積は、建築基準法第53条の建ぺい率制限において規制される面積になります。

建ぺい率制限は敷地に対する建築面積割合を、一定値以下にしなければなりません。

 

建築面積とは、簡単にいうと「上から見たときの屋根の面積」。

正確には、建築物の外壁、又は、これに代わる柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積です。

・1mを超える庇は、先端から1m超える範囲が算入されます。

・地下室などの地盤面下の部分は算入されません。

・突出し長さが1m以下の軒の出などは、算入されません。

・壁が無くても柱で囲まれた部分は算入されます。

 

面積の定義4つのポイント

建築面積・床面積・延べ面積・築造面積は、それぞれ定義が異なります。

①建築面積:建築物が敷地を覆う部分の面積

(建築物の外壁、または、これに代わる柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積)

②床面積:建物によって区画された内部空間の面積

(建築物の各階、または、その一部で、壁やその他の区画中心線で囲まれた部分の水平投影面積)

③延べ面積:建築物の各階の床面積の合計

(容積率算定の延べ面積とは異なります。)

④築造面積:工作物の水平投影面積

(自動車倉庫の用途に供する工作物で、機械式駐車装置を用いるものの築造面積は、

1台当たり15㎡として算定します)

 

※ 水平投影面積について

水平投影面積は、土地や建物を真上から見たときの面積になります。

土地や建物に凸凹や斜面の部分があっても、

その土地や建物が水平だとして測った面積のことです。

建基法の敷地面積、建物面積や床面積、及び、不動産登記法の地積や建物の床面積は、

水平投影面積によります(建基法施行令2条、不動産登記規則100条、115条)。

 

※ 区画の中心線について

区画の中心線は、床面積を算定する際に使用します。区画の中心線の設定は、

外部と内部、あるいは、建築物の異種用途を区画している主要構造部壁体の厚みの

中心線とすることが基本になります。

(建築面積の場合には、建築物の外壁や柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積

ですが、部分によっては、不算入部分の算定があるため、算定時に注意して下さい。)

 

「区画の中心線」の取り方について(木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造)

木造(W造)の建築物の区画の中心線:主要な構造部の中心線

① 軸組工法について ・・・柱の中心が中心線

② 枠組壁工法について・・・枠組材の中心が中心線

③ 丸太組工法について ・・・丸太材などの中心が中心線

 

鉄筋コンクリート造(RC造)のRC躯体・PCa版などの中心線:外壁の主要な構造躯体の中心線

①一般の場合について・・・

外装材・内装材があっても、主要構造の躯体部分の厚みの中心が中心線

 

②コンクリート打放しの場合について・・・

コンクリート打放し仕上げの場合には、外側を打ち増しますが、

主要構造の躯体部分の厚みの中心が中心線

 

③断熱層がある場合について・・・

断熱材・外装材・内装材があっても、主要構造の躯体部分の厚みの中心が中心線

 

鉄骨造(S造)の中心線:柱などの外側にパネルを取付ける工法はパネル中心線

①金属板、石綿 膏ボードなどの薄い材料を張った壁の場合について・・・

金属板との柱の間の銅縁の厚みの中心の中心線

 

②金属板、石綿 膏ボードなどの薄い材料以外の場合において・・・

外壁のALC版などの外壁財(仕上げ)の厚みの中心が中心線

建設のお問合わせやご質問募集

当社では4000件以上の建設実績があります。設計・デザイン・施工・管理まで90年以上に及ぶノウハウがあります。
建設に関するお悩みや気になることやご相談はこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

多くの方に良い情報を届けさせていただきますので、ぜひ、鉄骨建設ナビを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です