工場のリニューアルや増設を検討するタイミング4つ|失敗しないポイントも解説

工場のリニューアルや増設を検討するタイミング4つ|失敗しないポイントも解説

一度建てた工場はそのままずっと使い続けるわけではありません。

いつかはリニューアルや増築をして新しい工場で働くことになります。

建て替えや増築をするタイミングは様々です。

例えば社員が増えたり、使用する機器が変わって導線も変えたりしなければいけなくなると今の工場のままでは働けなくなってしまいます。

工場をリニューアルしたり増築したりするのはやはりお金はかかってしまいますが、新しくなることによって気分が良くなったり、生産効率が上がったりといったメリットがたくさんあります。

それによって経営状況が良くなれば投資した分もしっかり回収できますよね。

リニューアルや増設した方が売上が上がるにも関わらずそのままの状態にしていたら勿体無いので、適切なタイミングで建て替えすることがポイントになります。

そこで今回は工場のリニューアルや増設を検討するタイミングを4つご紹介します。

工場を建築してからしばらく経っている、工場の売上をもっと上げたいという方はぜひ参考にしてください。

業績拡大で社員が増えた。
工場のリニューアルや増設のタイミング4つ

工場を経営する中で適切なタイミングでリニューアルや増設の判断を下すことはとても大切です。

そこで工場のリニューアルや増設をすべきタイミングについてまとめました。

老朽化や劣化が進んでいる

建物の老朽化や劣化を感じたら建て替えのタイミングです。

老朽化や劣化が進むと地震などの災害時に倒壊したり一部が破損したりするリスクが高まります。

社員の安全を守り、製品が壊れるのを防ぐためにもいつかは建て替えが必要になります。

特に工場を建ててからしばらく経っている場合は建て替えのタイミングについて検討し始めるべきでしょう。

社員が増えて狭くなった

会社が大きくなり社員が増えてくると最初は会社の規模に合っていた工場もだんだん狭く感じるようになります。

狭くても生産活動は出来ますが社員は所々で働きづらさを感じ、モチベーションも下がってきてしまいます。

モチベーションが下がれば当然作業効率にも悪影響を与えるでしょう。

会社規模が大きくなったということは売上も伸びているはずなので、建て替えに投資して社員が働きやすい環境を整えてもいいでしょう。

生産設備を更新する

今までよりも大きな機械を導入することになったり、生産設備を変更することで作業動線を変える必要が出てきたときはリニューアルや増築のタイミングになります。

工場を経営する上で生産活動を効率的に行うことはとても重要です。

そのため、常に機械の特徴に合わせた環境を作ることもまた大切なのです。

生産システムを変える

工場で使われる設備を変えるだけでなく、生産システムそのものを変えるときもまたリニューアルのタイミングの1つです。

例えば生産活動を自動化したいときや、完全自動化まではいかなくても省人化したいときなど、これまでの生産活動を大きく変える場合はやはり工場の構造の変更が求められるでしょう。

安全な建物になる。
工場をリニューアル・増築するメリット3つ

リニューアルの必要性は感じていてもやはり大きなお金が動くことなので踏み切れないという方もいるかもしれません。

しかし、工場を建て替えれば様々なメリットを得ることができます。

そこで次に工場をリニューアル・増築するメリットを3つご紹介しましょう。

建物の安全性が高くなる

建物を建てる際に必ず守らなければいけない建築基準法は制定されて以来何度も改正されていますが、建設された当時の建築基準法を満たしていればそれで問題ありません。

しかし、阪神大震災で倒壊した建物の多くが1981年以前のものだったように、古い建物を所有し続けることはリスクがあります。

工場をリニューアルすると現在の建築基準法を基準とした建物を建てることになるのでより丈夫で安全性の高い建物で働けるというメリットがあります。

生産効率が上がり売上が伸びる

工場を建てるときには稼働後の作業動線を考えながら設計していきます。

そのため新しくできた工場では生産活動がしやすくなり、効率が上がります。

そうすれば当然以前に比べて売上が上がり経営状態も良くなるでしょう。

これは経営者にとっては大きなメリットですよね。

社員のモチベーションが上がる

働く場所が新しく、清潔になることによって社員のモチベーションがアップする効果があります。

モチベーションが上がれば仕事へのやる気が出て生産効率も上がります。

さらに自分の職場を好きになったり、誇りを持ったりすることで愛社精神も出てくるかもしれません。

会社のことが好きになれば離職率が低くなり、経費削減にもなります。

ニーズを明確にする。
工場のリニューアルや増築を成功させるポイント7つ

上記のようなメリットを得るためにはリニューアルを成功させて理想通りの工場を完成させることが必要です。

そこで最後に工場のリニューアルや増築を成功させるポイントをまとめました。

ニーズを明確にする

リニューアルを成功させるためにはニーズを明確にすることが欠かせません。

なぜ今の工場のままではダメなのか、新しい工場には何を求めるのかをはっきりさせれば理想の工場像を具体的に描けるようになります。

理想像が明確になればそれに向けて設計も建設も進んでいくのでせっかく建て替えたのにあまり良いものにならなかったという失敗を防ぐことができます。

生産環境に求めるものをリストアップする

工場は製造するものによって必要とされる生産環境が異なります。

例えば食品工場であれば衛生面が重要なので虫や髪の毛などの異物が混入しないようにする仕組みが必要でしょう。

また生産過程で大きな音が鳴る場合は防音対策も必要です。

会社の信用を守ったり、近隣住民と円滑な関係を築くためにも必要な生産環境について考えておきましょう。

必要な生産設備をリストアップする

工場には大きな機械が何台も置かれます。新しい工場を建てる際はどのような生産設備を置くのかをリストアップしましょう。

このとき、ただ名称を並べるだけでなく、具体的な大きさや重さも把握するのがポイントです。

大きさが分かれば設計もしやすいですし、重さが分かれば適切な建物の強度を検討することができます。

細かい作業ですが良い工場にするためには欠かせないのでぜひ事前に把握しておきましょう。

最適な立地を選ぶ

新しい工場を建てるときには立地も重要です。

今の工場の中で構造を変えるだけなのか、同じ敷地内にあるいくつかの建物を統合するのか、全く離れたところに新しく建てるのかなど、土地選びは意外と複雑です。

増築しようとしても建築法の関係で面積を増やすことが出来なかったり、近くに新しく建設しようとしても周辺は住宅地なので良い土地が見つからなかったりと理想通りに計画が進まないこともあるので、慎重に時間を余裕を持って検討しましょう。

建設中の生産活動について確認する

工場を建て替えるに当たって気になるのはやはり建て替え中は生産活動をストップしなければいけないのかどうかという点ではないでしょうか。

工場にとって生産活動が止まるのはかなり痛手ですよね。

建て替え中の生産活動がどうなるかは建設会社にもよりますが、同じ敷地に建てる場合でも生産活動が完全にゼロにならないように建設を進めるところも多いので安心です。

ただし、やはりどうしても生産性は通常時に比べると落ちてしまうので事前にどのような生産活動になるのかを把握しておいて受注や生産スケジュールの調整をしておけばトラブルを防げて安心です。

相性の良い建設会社を見つける

リニューアルが成功するかどうかはどの建設会社を選ぶかによって大きく左右されます。

悪い会社を選んでしまうと粗悪な工場ができたり、理想が叶えられなかったりとトラブルの元になってしまいます。

そこで工場の建設実績があり、評判が良く、親身になって相談に乗ってくれるような会社を探しましょう。

資金を確保する

工場建設では資金を確保するのも重要な準備の1つです。

やはり予算が多いほど信頼できる会社に依頼できて、良い工場を建てることに繋がります。

そこで会社の資産やその他の資金調達の方法について考えながら用意できる予算を見積もりましょう。

資金面の準備がきちんとできていれば安心して建て替え工事をすることが出来ます。

まとめ

一度建てた工場もいつかはリニューアルをする時が来ます。

建て替えれば新しくて綺麗な環境下で働けたり、生産効率が上がったりと様々なメリットを得られます。

そうしたメリットを得るためには適切なタイミングでリニューアルを検討し、必要なポイントを押さえて準備することが欠かせません。

まずは今工場にどんな問題があり、新しい工場にはどのようなことを求めるのかを考えてみましょう。

建設のお問合わせやご質問募集

当社では4000件以上の建設実績があります。設計・デザイン・施工・管理まで90年以上に及ぶノウハウがあります。
建設に関するお悩みや気になることやご相談はこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

多くの方に良い情報を届けさせていただきますので、ぜひ、鉄骨建設ナビを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です