TAG

7つのポイントで水害に強い建物にする

7つのポイントで水害に強い建物にする

これまでに見たことのない大きな台風となった「台風19号」が日本に上陸して数日が経ちました。 東海地方に上陸後、関東地方から東北地方へと抜けて行きましたが、どこも被害が大きく復旧作業が急がれます。 こうした災害の度に知りた…

耐震診断で建物を守る4つのポイント

耐震診断で建物を守る4つのポイント

台風による大雨や、被害が心配される時期になりました。 昨年は、台風が上陸するたびに大きな爪痕を残すような状態でしたが、今年は最小限の被害で過ぎていくことを願うばかりです。 天災は本当に怖いものですが、台風以外に日本では「…

高力ボルト不足となった2つの原因

高力ボルト不足となった2つの原因

ここ数年で、話題となっているのが、「高力ボルト不足」です。 建物や橋の建設では欠かせない高力ボルトが不足していることから、人出不足はまた違った問題に建設業界も慌てていますし、国も問題視しています。 この高力ボルト、以前な…

アスベストついて知って欲しい5つのこと

アスベストついて知って欲しい5つのこと

アスベストと聞けば、建築関係の仕事をしていない人でも、有害なものであると認識しています。 しかし、過去の建設現場においてアスベストは、欠かせないものであり普通に使用されていました。その時点では有害なものだとは認識がなかっ…

3つの施工不良から考える建物の安全性

今年に入って最初に伝えられた建築のニュースは、レオパレス21のアパート施工不良による「転居要請」のニュースです。 ある日突然、「建物に不備あるから転居してください」と通知されたら・・・。すぐには状況が把握できず不安になる…

改ざんから学ぶ免震構造に必要な2つの装置

日本は、地震大国です。 こちらのブログでも地震に関する情報について、様々な視点から書いています。 6月には、震度6弱を記録した「大阪府北部地震」が発生しました。 そして、9月には地震観測で最も揺れが激しいとされる震度7を…

大規模災害後の建物を調査する2つの理由

相次ぐ災害でいま、日本中で被災された方がいます。 大阪での地震、岡山県・広島県・愛媛県では大雨による水害です。道や線路に土砂が流れ込み、まだ十分な支援が受けられない地域もあります。 日本は大規模な地震を経験して、それに伴…

工場や倉庫設立方法を理解するための3ステップ

どんな建物でも、「建てたい!」と思ってすぐに着手できることはありません。 土地の確保・建物の目的・官庁への申請など事前に調査しておくことから、どのような工程で工事を進めていくのか?考えて用意しておくことは、山のようにあり…

大規模な解体工事を安全に行う3つのポイント

今までの役割を終えた倉庫や工場など、最近ではリノベーションされることが多くなり、新しい形で利用され喜ばれています。 でも、老朽化・住宅建設計画など様々な事情で利用することを諦めるケースもあります。 建物がそのまま残ってい…

柱脚の3つの形式とその利点について

柱脚とは、読んで字の如く柱の足下のことです。その施工形式には、三つの型があることをご存知でしょうか。 その三つの型とは、「露出型」「埋込み型」「根巻き型」です。 それぞれの特性を知ることで、どういった建物に、どの形式を使…

人も建物もまずは足元から。柱脚を知ろう!

禅の言葉に脚下照顧という言葉がありますが、精神的にも肉体的にも、足もとがしっかりしていなければ、人は真っ直ぐに立ち続けることができません。それは、建物も同じです。 建物の足下、それは「柱脚」と呼ばれる部分にあたります。 …