製造業が求人の応募者を増やす10つのメソッド

製造業が求人の応募者を増やす10つのメソッド

製造業が求人の応募者を増やす10つのメソッド

この記事では次のことをまとめています。

  • 製造業が求人の応募を増やす方法
  • 求人に応募が集まりにくい理由
  • 求人内容を見直すべきタイミング

製造業が採用を増やしたいときに知っておくべき全てのことをまとめました。

製造業が求人の応募者を増やすメソッド10つ

この章では企業が応募を増やす方法をご紹介します。

1 情報は豊富に書く
2 応募者が気になる数字を明確に示す
3 スキルアップできることをアピールする
4 職場の雰囲気を伝える
5 女性や高齢者に向けても発信する
6 自社の強みをアピールする
7 オンラインの求人を活用する
8 ターゲットに合わせた求人媒体を使う
9 見出しを工夫する
10 専門用語は分かりやすい表現に変える

情報は豊富に書く

求人票を書くときに意識すべきなのは情報をしっかり載せることです。

求職中の人は自分が長年勤めることになる企業を探しています。

人生を左右する大きな決断です。

だからこそ、もしも求人票にあまり情報が書かれておらず、どのような職場なのかイメージしにくいと応募はしようと思いません。

会社のことを知らない人が見たときに十分な情報が書かれているか見直しましょう。

応募者が気になる数字を明確に示す

求職者に企業の魅力をアピールしたいときに効果的なのが数字を使うことです。

「有給を取りやすい職場」、「女性の活躍も応援しています」といった言葉を並べる企業は多いですが、似たようなことを書いている企業はたくさんあるので魅力が伝わりにくいです。

また、「良く見せるために書いているだけで実際は違うかもしれない」と思われることもあるでしょう。

一方で、「有給消化率○%」、「男性の育休取得率○%」と具体的な数字で表すと一目で魅力が伝わりますし、信頼性が高くなります。

数値化できるところはしていきましょう。

スキルアップできることをアピールする

資格取得の支援制度などスキルアップの機会があることは企業の強みになります。

働いていると「ずっとこの仕事を続けるのか?」、「もっとレベルアップしたい」といった思いが浮かび、仕事に対するモチベーションがなくなってしまうことがあります。

特に製造業ではライン作業があるので、ずっと同じ作業をすることにやりがいを感じられなくなる人が出やすいです。

もし、業務に関わる資格の取得を支援する制度があれば、社員は日々の仕事の中にやりがいを感じられるようになるでしょう。

資格を取れば昇給、昇進に繋がるような仕組みがあればもっと効果が出そうです。

職場の雰囲気を伝える

人間関係は退職理由の上位に挙げられるものです。

それだけにどのような雰囲気の職場なのか気にする人はとても多いです。

そこで、求人サイトや求人票には職場の雰囲気が伝わる情報を入れましょう。

実際の職場の様子を動画で紹介したり、社員のインタビューを載せたりすると伝わりやすいです。

女性や高齢者に向けても発信する

応募を増やすには女性や高齢者に向けて発信することも大切です。

キツい仕事や力作業が多いというイメージを持ち、就職先の選択肢から工場を外す女性や高齢者は少なくありません。

しかし、工場でも女性や高齢者が活躍できる部門があるはずです。

高齢者のニーズに合わせて朝の早い時間帯で採用をかけたり、女性社員の事例を載せたりして、幅広い層にアプローチしましょう。

自社の強みをアピールする

応募しようと思ってもらうためには自社の強みをアピールすることが欠かせません。

なぜなら、世の中に製造業の求人はたくさんあり、魅力をアピールしなければ他社に埋もれてしまうからです。

例えば、「離職率が低い」、「育休取得後も現場に復帰して活躍している女性が多い」など、他の会社にはない強みを打ち出してみましょう。

オンラインの求人を活用する

オンラインで求人を出す重要性が高まっています。

求人を出すとき、ハローワークや地域のフリーペーパーなどアナログの媒体のみを使用している企業は多いです。

しかし、最近は就職先や転職先を探すときにまずはネットで調べる層が増えています。

もし、今までアナログでしか募集していなかったのであれば、オンラインを活用することも考えてみましょう。

ターゲットに合わせた求人媒体を使う

欲しい人材を集めるためにはターゲットに合わせて求人を出すことが求められます。

例えば、若い人材が欲しい場合はネットに求人を出すと見つけてもらいやすいでしょう。

一方で、高齢者をターゲットにするなら、アナログの媒体の方が合っています。

ここを間違えるとせっかくお金をかけて採用活動をしたのに意味がなかったということになりかねません。

ターゲットが使う媒体をよく考えましょう。

見出しを工夫する

求人の見出しを工夫すると、より多くの人に企業のことを知ってもらえます。

世の中には数え切れないほどの求人があります。

そのため、そもそも求人票を見てもらえないということもあり得ます。

求職者が求人を探すとき、まず見出しを見ます。

そこで、見出しには企業の強みなど、つい詳細を見たくなるような文言を入れましょう。

専門用語は分かりやすい表現に変える

求人の文章を書くとき、その業界でしか使われないような専門用語を書くと、見ている方は何の話をしているかが分からず離脱する恐れがあります。

その業界では当たり前の言葉でも、外部の人には全く理解されない言葉はあります。

求人を出すときには一般の人では分からない用語を入れてしまっていないかよく確認しましょう。

製造業の求人に応募が集まりにくい理由3つ

この章では製造業で応募が集まりにくい理由をまとめています。

1 労働人口が減っている
2 給料が安い
3 キツいイメージがある

労働人口が減っている

そもそも日本には労働人口が減っているという問題があります。

そのため、製造業に限らずあらゆる業界で人手不足に悩んでいる会社が多いです。

日本の人口はこれからも減少を続けると予測されているため、この課題はずっと続くでしょう。

そこで、早いうちから採用に困らないための対策をしておくのが望ましいです。

給料が安い

給料が安ければ人材は集まりにくいです。

お金は生きていく上で必要不可欠なもの。

家庭を持ったり、マイホームを建てたりするライフプランがあれば、やはり出来るだけ賃金の高い職場で働きたいと思うはずです。

そこで、どれくらいの給料で募集をかけるのか、企業は慎重に考える必要があります。

キツいイメージがある

製造業は3K(キツい、汚い、危険)の仕事と言われることがあり、敬遠する人は少なくありません。

確かに、力仕事が多かったり、汚れる作業があったりしますよね。

応募を増やすにはこうした環境下でも働きたいと思えるように魅力をアピールすることが欠かせません。

製造業が求人内容を見直すべきタイミング3つ

この章では製造業が求人の内容を見直すべきタイミングを解説しました。

1 求人ページが閲覧されていないとき
2 ターゲットと違う層が応募してくるとき
3 ターゲットが変わったとき

求人ページが閲覧されていないとき

オンラインで求人を出す場合はページが閲覧されているかを定期的に確認しましょう。

もし、あまり閲覧されていない場合は改善が必要です。

求人サイトに出しているなら、競合のサイトを見てより魅力的に映るような書き方を探してみましょう。

企業の公式サイトで採用ページを作っているなら、ホームページからの誘導方法や見出しの書き方を見直した方が良いかもしれません。

より多くの人の目に留まるように、閲覧数の確認と改善を繰り返しましょう。

ターゲットと違う層が応募してくるとき

応募はあるものの、求めている人材と違う人ばかりが来るときも採用方法を見直した方が良いでしょう。

この場合は、求人票の書き方や挿入する画像や動画の選び方が間違っている可能性があります。

例えば、若い人材が欲しいのにメインの画像が高齢者が働いている様子を写したものだと若い層には無意識に避けられてしまうでしょう。

ターゲットの目に留まり、応募しようと思ってもらえるような内容になっているか、改めて確認しましょう。

ターゲットが変わったとき

企業に必要な人材像が途中で変わることもあるでしょう。

その際は求人内容を作り直しましょう。

なぜなら、先ほどから何度か触れていますが、ターゲットが変わると挿入する画像や言い回しを変えなければいけないからです。

新しいターゲットの心に刺さり、「この会社で働きたい!」と思わせるような求人内容を追求しましょう。

まとめ

製造業は人手不足に悩む企業が多く、さらには労働人口が減っていくことが予測されているからこそ、応募が集まる求人の方法を知るのは早ければ早いほど良いです。

今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてくださいね。

1 情報は豊富に書く
2 応募者が気になる数字を明確に示す
3 スキルアップできることをアピールする
4 職場の雰囲気を伝える
5 女性や高齢者に向けても発信する
6 自社の強みをアピールする
7 オンラインの求人を活用する
8 ターゲットに合わせた求人媒体を使う
9 見出しを工夫する
10 専門用語は分かりやすい表現に変える

 

建設のお問合わせやご質問募集

当社では4000件以上の建設実績があります。設計・デザイン・施工・管理まで90年以上に及ぶノウハウがあります。
建設に関するお悩みや気になることやご相談はこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

多くの方に良い情報を届けさせていただきますので、ぜひ、鉄骨建設ナビを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です