工場の生産リードタイムを短縮する方法6つ|売上と利益を増やすために

工場の生産リードタイムを短縮する方法6つ|売上と利益を増やすために
  • 1つの製品を生産するのに時間がかかっている
  • 勤務中に手持ち無沙汰になっている従業員がいる
  • 在庫の管理コストを減らしたい

こうした悩みを解決する方法の1つが生産リードタイムを減らすことです。

生産リードタイムとは製造に着手してから全ての工程が終わるまでにかかる時間のことです。

リードタイムを短くすることができれば同じ時間でより多くの製品を生産できるなど様々なメリットがあります。

生産リードタイムを短縮するには製造で行う全ての工程を見直さなくてはいけないので大変ですが、現場が抱えている課題が明確になり、作業環境を改善することにも役立ちます。

今回は工場の生産リードタイムを短縮する方法を解説していくので、生産にかかる時間を短くしたい、在庫をもっと減らしたいという方はぜひ参考にしてください。

工場の利益の最大化に繋がる生産リードタイムとは

生産リードタイムとは製造オーダーを受け取って作業に着手してから、全ての工程が完了するまでの期間のことを言います。

生産リードタイムが短いということは短い時間で製品を生産できることを意味します。

ちなみに生産だけでなく、開発リードタイム、調達リードタイム、配送リードタイムなど様々な種類があります。

工場が生産リードタイムを短縮すべき理由4つ

生産リードタイムが短縮されると工場にとって様々なメリットが生じます。

経営にも大きく関わることなので、ぜひ知っておきましょう。

より多くの受注が可能になり売上が上がる

生産リードタイムが短くなるとより多くの製品を生産できるようになります。

すると、販売できる商品の数が増え、売上が上がります。

また、たくさん商品を用意できることで販売機会の損失を防ぐことにも繋がります。

取引先や顧客の満足度を上げられる

完成までにかかる時間が短くなるということはその分早く商品を顧客の元に届けられるということです。

すると、顧客や取引先の満足度が高くなります。

納品スピードが早いことは他社との差別化にもなり、未来の受注を増やすことに繋がるでしょう。

在庫管理コストが下がる

リードタイムは在庫の状況にも大きく影響を与えます。

例えば、仕入れた部品をすぐに生産に使えるようにれば、在庫の数が減ります。

在庫の量が減れば在庫自体の金額が減るのはもちろんのこと、管理にかかるコストも削減でき、工場の利益を最大化することができます。

需要に対応した製品を早く生産できる

市場の需要は常に変化しています。

今まで売れていた商品の売れ行きが悪くなるのはよくあることです。

工場の生産リードタイムが短ければ、需要の変化を感じたときにすぐに対応し、需要に合った商品を早く販売することができます。

すると、競合他社に差をつけることも可能です。

工場の生産リードタイムを短縮する2つの視点

製造業の生産リードタイムを減らすためには主に2つの方向からのアプローチをします。

これからご説明するので、あなたの会社ではそれぞれどのような対策が取れそうか考えてみましょう。

各工程にかかる時間を減らす

まず、組み立てや仕上げなど各工程にかけている時間を減らすという方法です。

それぞれの工程での作業時間を短くすることができれば、全体のリードタイムを大きく短縮することができます。

1つ1つの工程にかかっている時間や、作業時間を短縮できそうなポイントを調べてみましょう。

各工程の間にかかる時間を減らす

工程そのものだけでなく、各工程の間の作業にも短縮できるポイントがあります。

例えば、工程の間では移動したり、機械を動かすために調整をしたりしていますよね。

また、場合によってはただ待っているだけということもあるでしょう。

生産リードタイムを縮めるにはこのような工程間の滞留時間も見直すべきです。

工場の生産リードタイムを短縮する方法6つ

ではいよいよ生産リードタイムを短くする具体的な方法をご紹介していきます。

できそうなものがあればぜひ取り入れてみましょう。

設備を新しくする

まず、設備を新しくするという方法があります。

今よりも速いスピードで生産できる機械を導入すれば自然とリードタイムは短縮できるでしょう。

もちろん、新しい機械を導入するのは費用がかかるので、ためらう方もいるでしょう。

しかし、その機械によって今よりも多い製品が生産でき、さらには先ほどご紹介したような色々なメリットを得られることを考えると、決して惜しい出費ではないはずです。

作業人員を増やす

作業にあたる人員を増やすのもリードタイムの短縮に効果があります。

人手が増えれば処理できる作業の数が多くなるので、生産数も増えます。

工場では人手不足が問題になっており、人員を増やすのは簡単ではありませんが、入りたいと思ってもらえる会社づくりをしながら、人員を増やすことを目指しましょう。

工場のよくある退職理由と離職率を下げるためにできること8つ|人手不足を解消する方法

よく起こるトラブルを防ぐ

リードタイムが長くなる原因の1つにトラブルがあります。

例えば、作業ミスが発覚すると、不良品を探してラインからどけなくてはならず、対処に余計な時間がかかります。

こうしたトラブルが何度も起きればかなりの時間ロスになるでしょう。

そこで、よく発生するトラブルがないか現場の人に話を聞きましょう。

もしあれば、それが起こらないようにするための対策を立てましょう。

従業員の技術力を上げる

生産リードタイムを短縮するには作業員の技術力を上げるという方法もあります。

それぞれの作業員がテキパキ動けるようになればかなりの時間短縮になるはずです。

また、従業員によって作業のやり方が違うと効率よく動ける人がいる一方で、効率が悪いやり方をする人も出てきてしまうので、全員が同じ方法で行うように指示するのもポイントです。

入荷時の検品に力を入れて不良品の発生を防ぐ

製造の途中で原材料や部品に不良品があることが発覚するとラインを止めなくてはいけなくなります。

こうした事態を防ぐために入荷時の検品で不良品がないかをよく確認しましょう。

作業動線を作り直す

リードタイムの短縮には工場全体を見直すことも大切です。

特に、作業動線は工程間の滞留時間に大きな影響を与えます。

もし、作業員が移動しにくい場所があったり、製品を移動させる経路が最短距離ではなかったりすると無駄な時間が発生してしまいます。

そこで、一度全体の作業動線を見直し、改善すべきポイントがないかを確かめましょう。

工場の生産リードタイムを短縮するときの注意点3つ

生産リードタイムを短くするときにはいくつか気をつけておかなくてはいけないことがあります。

これに配慮しなければ、生産リードタイムは短くなっても他のところで思わぬトラブルが発生してしまうことも考えられます。

そこで、最後に工場の生産リードタイムを短縮するときの注意点をまとめていきます。

闇雲に時間を減らそうとしない

生産リードタイムはただ短くすれば良いわけではありません。

なぜなら、無理に工程を短くしようとしたり、従業員にとにかく速く動くように指示したりすれば不良品の発生や事故などに繋がることも考えられるからです。

無理なくリードタイムを減らすためには、まずリードタイムが長くなっている原因を明確にし、その解決に力を入れましょう。

現場の意見も聞く

経営者が一方的にリードタイムを短くしようとすると現場で働く従業員の反発を招くことがあります。

従業員に不満を抱かせてしまうと、モチベーションの低下や最悪の場合は退職に繋がることもあり得ます。

そこで、リードタイムの短縮をするときには現場の人間の意見もヒアリングしながら最適な解決策を探りましょう。

非常時にすぐに在庫がなくなるリスクを確認する

生産リードタイムが短くなると、在庫をあまり抱えなくて済むというメリットがあります。

ただし、場合によってはこれがデメリットになることもあります。

それは災害など非常事態が発生したときです。

例えば、災害が起こって工場の生産がストップすると、製造ができないにも関わらず商品を出荷しなければいけないという状況に陥ります。

このとき、在庫が最小限しかなければ、すぐに在庫は尽きて売上も無くなってしまいます。

災害だけでなく、原材料の仕入れ先が営業停止になったり、機械が故障したりと色々なケースが考えられます。

こうしたリスクがあることも覚えておきましょう。

まとめ

生産リードタイムとは製造に着手してから、全工程が完了するまでの期間のことです。

生産リードタイムが短くなれば、売上や利益が上がったり、需要にすぐに対応できたりするメリットがあります。

とにかくリードタイムを短くしようとするとトラブルの発生や現場で働く従業員の反発を招いてしまうこともあるので、状況に合った適切な対策を取るようにしましょう。

 

建設のお問合わせやご質問募集

当社では4000件以上の建設実績があります。設計・デザイン・施工・管理まで90年以上に及ぶノウハウがあります。
建設に関するお悩みや気になることやご相談はこちらよりお気軽にご相談くださいませ。

多くの方に良い情報を届けさせていただきますので、ぜひ、鉄骨建設ナビを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です